スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク | - | - | - |
    愛のカケラ。
    0

      自分が、こんな風に捉えるのも、ちょっと変なんだろうなって思いながら。

      それでも、感じたことを書き留めておきたくて、ちょっとだけ。

       

      2017/3/5のベイスト3曲。

      虹の彼方へ

      Move your body

      Flashback

       

      タイミング、というか。

      時期が、そういう時期だったから、つい重ねてしまったところがあるんだけど。

      (オイラの中で、虹といえば翔ちゃんだったことも、3曲とも翔くんのリリックが入っている曲だったこともあったから)

       

      続きを読む >>
      | [嵐]ラジオ | comments(0) | - |
      100回目。
      0

        一途連載100回目、おめでとうございます!

         

        …、ということで。

        とうとう節目の100回目だ!

         

        ホントは、99回目のスペシャルのときもちゃんとブログ書いておこうと思ったんだけど。

        なんかタイミングを逃しまくった結果、100回目の日が来ちゃって。

        そしたら、ここ最近、ぐるぐるしてたことがいっぱい詰まってたから。

        書いておくことにした。

         

        発売日だけど。

        がっつり中身に触れてるので、ネタバレ注意。

         

        続きを読む >>
        | [嵐]一途。 | comments(0) | - |
        あけました。
        0

          あけましておめでとうございます。
          今年も変わらず、いつもどおり楽しく過ごせたらなーと思っています。
          よろしくお願いします。

          ってことでっ。

          とりま。
          2016年最後の大仕事だった紅白大トリと相葉ちゃんの初単独司会。
          お疲れ様でしたー!!
          紅白からの4人でカウコン移動もあったけれども。
          やっぱり何はともあれ紅白なんだよな…と。

          大トリって、直前まで実際そこまで意識してなかったんだけど、でも、いざってなったら、勝手になんかすごい緊張してて。
          その中で聴こえてきた1曲目がA・RA・SHIだったっていう安心感が半端なかった。
          一番歌ってきた曲で、名刺がわりの1曲、って、こういうことなんだろうなって、あの歌い出しの瞬間に強く思えたの。不思議な感覚だった。
          この曲だったら、大丈夫!!って思えるの強かった。
          そのあとは、相葉ちゃんが泣くの我慢してるのから、もう泣いちゃってるー!っていう方向に意識が向いちゃって、別の意味でそれどころじゃなくなっちゃったんだけどもw
          でもなんか、顔ぐしゃぐしゃにしちゃってる相葉ちゃん見た瞬間、ぱかって笑ってたにのとか。
          あらあらって顔してるさとやんとか。
          なんか一緒に感慨深い感じになっちゃってる潤くんとか。
          あー、もう嵐だなー!!って思っちゃって。
          最後、声かけてるあたりとか。ちゃんと振り返りVTRの間に、持ち直せるよーになってたとことか。
          いろいろ足りない部分もいっぱいあったけど、それでも応援しててよかったなって思った。
          にのも…、若干泣いちゃってたよなぁ。と思いつつ(w)
          相葉さんをフロントに嵐5人でがんばってたなーと思ったです。

          結果には結びつかなかったけど、会場と視聴者票で1番だったんだからいいんじゃないかと思いつつ!
          優勝旗持つ気満々で、悔しいのは変わらないだろうし、悔しいし!なんだよー!って思うけどっ。
          そのぶん、福岡でめいいっぱい愚痴って、なんだよーって言ってやろうぜ!!って。
          気持ちでいっぱいなので、全力待機していますね。←
          がんばってたもん。楽しかったもん。
          いろいろ番組的な課題が残るところも確かだろうけど。
          悔しい気持ちが、いつか昇華できる機会があるように。
          やらなきゃよかったじゃなくて、やってよかったって気持ちになれるように。応援していけたらいいなって思う。

          そんで!個人的には。
          にのさん担当になったハーフタイムショー!
          まさかの世界繋がりで、にのさん抜擢とは思わなかったからびっくりしたけど。
          ああいう場面で呼ばれるのがにのさん!っていうところでも、嬉しかった。がんばってたし←
          きっと、にのさんが担当になるならお笑い部分だろうと思ってたから、結果にのあいでコント繰り広げるみたいなことになってて嬉しかったw
          なんでもない顔して、ちゃんとバラエティな立ち位置でやりきるにのさん大好きだよ。
          大ちゃんの楽屋中継にしろ、潤くんのしのぶさんエスコート、翔さんのイエモン紹介って、それぞれに与えられた役割がぴったりだったのもありがたかったなぁと思った。
          メンバーが来るとホッとしたような表情になるのもよかったなぁ。
          やっぱり、がんばったなぁ。ってところがいちばんにきちゃうけど。
          紅白にまつわるいろんな経験って、彼らの中でちゃんと息づいていくのかなぁ。だといいなぁと思った。

          5人だからできること、1人でできること。いろんな経験が、こうやって積み重なっていくとこ見れていけるのは幸せだとも思う。
          またいつかのリベンジを願いつつ。
          いっぱい悔しいも楽しかったも糧にして、2017年が楽しい1年になりますように。
          | [嵐]テレビ | comments(0) | - |
          よいお年を!
          0

            今年一年ありがとうございました。
            相変わらず、ほとんど更新できなかったけど。
            なんだかんだいろんなことあって、感情ウルトラジェットコースターな一年でした。

            最後は、紅白!
            相葉さんの単独初司会!
            全力応援でテレビ前待機します!!!

            よいお年をー!!
            | [BLOG]わんこ | comments(0) | - |
            あいむはっぴー。
            0

              年明けの福岡公演がまだ残ってる段階だけど。

              ざっくりあゆはぴコンの雑感を。

               

              ネタバレ注意。

              続きを読む >>
              | [嵐]コンサート | comments(0) | - |
              12年後のシブヤ
              0

                書きそびれていたことを今年のうちにまとめておこうと思ってます。

                 

                ってことで、まずはシブヤから。

                Bunkamuraシアターコクーンで、12月に再演された「シブヤから遠く離れて」。

                マリー以外の配役が変わって、ナオヤは村上虹郎くん。

                観劇後、初演時の自分の感想を読み返してたら、再演あっても行かないって書いてあって、ちょっと笑ったんだけど。

                実際、12年っていう歳月と、蜷川さんが亡くなってしまって、演出が岩松さん自らだっていうのが大きかった。

                初演時と同じ劇場で、またシブヤを見られるとも思ってなかったし。

                セットも演出方針ももちろん違うんだけれども、見終わったあと、ああ、オイラはマリーとナオヤが大好きだった!!って、大きな確信みたいなものを抱けたことも嬉しかった。

                 

                思いがけない収穫といえば、再演を観たことで、初演時の蜷川さんや二宮さんの演技方針について、体験的に自分の中で「ああ、そういうことだったんだ」って納得できたことだった。

                青の炎で一緒にやったことで、「ぜひとも」という熱量を伴って、短期間の中で蜷川さんが用意してくださった「シブヤ」の舞台。

                コクーンという劇場、現代劇、オリジナルの岩松脚本。

                現実と非現実の中をふわふわと漂うような、時間の中に縛られた少年の役。

                あの当時、シブヤを観たことで、オイラの演劇に対する感覚は確実に変わった。

                それから、二宮さんが演技の話をするとき、たびたび言葉にするようなこと。

                台詞を言うときに、聞こえなくてもいい、とか。何かのとっかかりを残すように、みたいな感覚が。

                もしかしたら、蜷川さんと一緒にやったことで、培われていたものだったのかなぁ、と思えた。

                 

                どちらがいい、とかじゃなくて。

                ちゃんと別物だったので。

                最初の頃は、観ながら、言い方が違う!とか演技が違う!とか、そりゃ当たり前なんだけど。

                頭の中で、好きな台詞とかは特に、頭の中でにのの言ってた台詞や演技も重なってくるから、それもなんか不思議な体験だった。

                セットだって、庭にあるのは枯れたヒマワリじゃなくて、台本通りのススキだったし。

                ケンイチくんのお母さんの部屋も、舞台の中央じゃなくて、下手側にあって、印象的だった孔雀の絵も、はっきりとは出てなかった気がする。

                そんな中で、マリーが出てきたら、「マリーだ!!」って思って。

                知ってるマリーだったから。それもすごいなって思いながら観てた。

                 

                魅せよう、伝えようとするやり方の違いがあるから、そりゃそうなんだけど。

                なんとなく、思ったのが。

                蜷川演出では「わからないことはわからないまま」で、岩松演出では「それぞれの行動原理について何らかの答えを持っている」ところではないか、と。

                実際、初演時よりもわかりやすく感じたのは、自分が年を取って、20代当時に見えなかったのもが見えるようになったっていうのもあるとは思うんだけど。

                言葉や演技の選び方みたいなところで、特にナオヤやケンイチくんが、きちんとなんらかの答えを持って動いているように見えたので。

                特に、最後のシーン。

                こういう感情を渡そう、っていうのが明確で。

                ああ!これは解放の話だったんだ!って、ようやく腑に落ちたから。

                 

                当時、二宮さんは、台本について、「わからないからわからないまま」っていう風にしていて。

                無理して理解しようとしなくていいんじゃないか、という方針を取っていて。

                自然と、自分もそれに倣っていたし、その「わからないままたゆたっている」状態が心地よかったので。

                そういう風に観ていたけれど。

                それはやっぱり、演出意図や方針として、それが取られていたからなんだなろうなぁと思った。

                 

                なんでもない台詞ーー、オイラが好きだった「もはや許しませんぞぉ!」とかブドウのくだりだったり、2千円のやりとりだったり、水銀灯からの長台詞にしても。ほかにもいっぱいあるけども。

                響き方が違ったので、なるほどなぁー!!って思ったんだ。

                んで、たぶん、ちょっとザラつくような。心のひだに引っかかるように響かせるのは、蜷川さんの演出だったんだなぁ、と思って。

                抑揚であったり、尖らせ方であったりで、伝わり方が変わるんだなと思った。

                「動け、動け、動けよ、、、!」のところで、蹴らずに手で揺すっていたのは、時代なのかなぁって思っちゃったけども。

                結果的に、シブヤの物語もナオヤもマリーも好きだったし。

                オイラはやっぱり好きだ!!って思ったし。

                あの当時から、今につながる二宮さんの演技の原点みたいなところに触れられた気もしたし。

                こうやって再演があって、今のタイミングで観に行けてよかった。

                 

                結局、にのさんは観に行けなかったのかなぁ…?(ーvー;)

                ちょっと本人の感想も聞いてみたかった気がする。

                | [ワタクシゴト]舞台 | comments(0) | - |
                ご褒美みたいに。
                0

                  嵐さん、デビュー17周年おめでとうございます!!

                   

                  …おめでとうおめでとうおめでとうおめでとうおめでとうおめでとう!!!!!!!

                   

                  おめでとーーーーーーーーーーー!!!

                   

                  と、勢いに任せて、語彙力がなくなってしまう感じですけども。

                  何を書こうかなって、あれこれ思い浮かべながら、ここに向かってるんだけど。

                  「Are You Happy?」を流しながら、17年かー…って思ったら、急になんか「グっ」ときてしまった。

                   

                  あー、幸せだなーって思って。

                   

                  アルバムコンセプトを知ったとき。

                  「Don’t You Get It」を聞いたとき。

                  「Are You Happy?」を聞いたとき。

                  まるでご褒美みたいだって思っちゃったので。

                   

                  いや、知ってる人は知ってると思うんですけど。

                  オイラが一番好きなのは、嵐が自分で創る「嵐」の姿なんですよ。

                  嵐の人たちが、これが俺たちだ!って、魅せてくる。

                  これが、好きなんですよ。

                   

                   

                  続きを読む >>
                  | [嵐]アラシガタリ | comments(0) | - |
                  今だけの独りよがり。
                  0

                    たぶん、インタビュー記事を読んだら、書けなくなりそうなので(笑)

                    ホントに、他情報をほとんどいれずに曲だけ聴いた感想…というか。

                    オイラの、今の感想を書いとく。

                     

                    …いや、ホントに身勝手な解釈だから(笑)

                    ホントに、にの自身のこの曲に対する言葉を読む前にしか書けなさそうな気がするので。

                    あれこれ考える前に、これだけ。

                     

                    Are You Happy?のにのソロ曲、「また今日と同じ明日が来る」を聴きました。

                     

                     

                     

                    続きを読む >>
                    | [嵐]Disc | comments(0) | - |
                    あゆはぴ前前夜。
                    0

                      TL眺めてて、フラゲ前に読めてよかったーってつぶやき読み飛ばして。

                      そもそも、こっちでの雑誌入荷が水曜日だから、事前に読めるなんてこともないんだもーんって。

                      ちょっとやさぐれ風味になったので。

                       

                      ホントは、翔ちゃんの日経エンタとか一途の感想とかをまとめておきたかったのだけれども(笑)

                      とりあえず、うっちゃって。

                      フラゲ前夜。発売前前夜で、楽しみにしてること書いておいて、明日、アルバム聞きながらでも答え合わせできたらなーって思った(何なのか)

                       

                      続きを読む >>
                      | [嵐]アラシガタリ | comments(0) | - |
                      端的に言って最高of最高。
                      0

                        ひっさびさに、すっごい勢いでこの前のMステをリピっているわけですが。

                        いやー!!

                        実況しながら、かっこいー!!しか言えなくなってたんですけども。

                        なんだろうね?あれね?かっこいいよね??

                         

                        10/21のMステ。

                        ゆあはぴのアルバムから、愛を叫べとDon't You Get Itの2曲メドレー。

                         

                        今回のリード曲のラジオで初めて聴いたときも、MV披露で観たときも、あー、好きだなぁっていうのあったんですけど。

                        なんか、ここまでラフにしっかり楽しんでる!!って感じだとは思ってなくて。

                        気合い入れて踊るぞ!!ってやるわけでもなくて、肩肘張って背伸びしてるわけでもなくて、ラフだからって適当なわけじゃなくて、むしろきっちり計算してる中でのラフさで。

                        笑顔で、楽しげに、若作りしてるわけでもない。

                        三十路アイドルグループが、適度に力を抜いて踊って歌って魅せるに相応しい。

                        「今の嵐ってこうです!」っていうのが、観ていてすごくしっくりくる感じ。

                         

                        上にも下にも無理してない。

                        2016年の今の嵐で披露するからこそ、ぴったりフィットしてる感じ。

                        漏れ出る雰囲気は大人の余裕をも漂わせる楽しみ方で、ノリ方で。

                        今の嵐が楽しんで歌って踊ってるからこそ、醸し出される可愛さとかっこよさで。

                        ひたすら語彙がなくなって、これって最&高!ってバンザイしたくなってしまった。

                         

                        直前のMステSPで披露したのは、「A・RA・SHI」「果てない空」「Sakura」って、しっかり踊りこんで、かっちりしっかり踊って魅せるかっこよさがあったんだけど。

                        今回、言ってみれば、そこと対極にあるような魅せ方だったから。

                        一点に集中して、5人で焦点を合わせて、そこに挑んでいくような魅せ方もできれば。

                        今回みたいに、それぞれがふわりと視線を交えながら、リズムに乗ってただ楽しんでいるだけでの魅せ方もできる。

                        どっちもカッコイイから。

                        そして、どっちも「嵐」だから。

                        わー…!!って言葉無くすようなキモチ。

                        もうカッコイイ!!って言葉にしかできなくなる。

                         

                        「カッコイイ」って一言で言ってみても、その内実って全然違ったりするんだよ。

                        っていうことを書いておきたかったんだけど。

                         

                        その、曲調に合わせての魅せ方以外にも。

                        今回の「愛を叫べ」では、椅子を使ったパフォーマンスを加えて、その曲の魅せ方をこのときのために(?)変えてきてたところもカッコイイ。

                        そこで、ただ同じことを繰り返さない嵐が好きなんだよって、何万回だって言いたくなる。

                        いい意味で、手を抜かない。

                        いつでも、驚きやトキメキを何気なく用意してくれているところ。

                        そういう「気持ち」がかっこよくて大好きなのです。

                         

                        そして、このギュッとかわいいかっこいい嵐の形を固めて披露できたところ。

                        持ち味として提示してきたところ。

                        たぶん、これがアリーナツアーの成果のひとつだろうなって思えてしまうところ。

                        (アリツア観てないけど!w)

                        でも、「ここ」に改めて踏み込めたことも、ずーっとコンリハが続いているであろうことも、きっと全部繋がってるんだろうなって思ってる。

                        1つ1つのお仕事や経験値を無駄にしない。

                        結果的に、ちゃんと力になっているところもカッコイイ。

                         

                        そして、こういう形をテレビの中でも披露できることも。

                        全然手を抜かないから。

                        いつだって本気だから。

                        やっぱりカッコイイなーって思ってしまう。

                        作りたい形をしっかり提示できる土壌を持ってる、持てるようになってる、持つようにしている嵐が好きです。

                         

                        これからも。

                        ずっと楽しみにしてる。

                        このままずっと。

                        楽しみが続いていくといいなぁと思う。

                         

                        いろんな「カッコイイ」の形を魅せて。増やして。

                        そうやって、「今、最高の嵐」を更新し続けて行ってほしいなぁ。

                        っていうか、そういう未来に繋がるように、今を更新している嵐が好きです。

                        ホントに、根っこのところ。核のところが変わってないって。

                        そんな風に確認できる今がきてよかった。

                        いつだって、ここを大事にしてくれてる嵐でよかった。

                         

                        年齢も環境も、日々変わっていく中で。

                        一番大事にしてほしいって勝手に思っちゃってるところ。

                        クレバーな硬い硬い核の部分。

                        絶やさず、これからも、磨いていっているとこが見たいです。

                         

                        はー…!

                        とりあえず、踊りたいー><煽りたいー!!!って、じわっとなったりしたことは、ここだけの秘密。

                         

                        あ!書き忘れていた。

                        歌披露終わって、最後の決めポーズしながら、ふわっと満足気に笑ってたあの瞬間!

                        めーっちゃいい顔してて、にのさーん!!!って思った瞬間でした。

                        大好きです!!

                         

                         

                        ああいう顔、見れるだけでもホントに嬉しい。

                        | 携帯便り | comments(0) | - |
                        / 1/554PAGES / >>