スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク | - | - | - |
    空は青い。
    0

      弱くても勝てます最終話。

      「弱くても勝てます」は、最後までブレることなく「弱くても勝てます」だった。

      *

      それぞれの卒業式がとてもよかった。
      1つ1つに区切りをつけて、きちんと「卒業」していく。
      そういう感じ。

      ただまあ、時間が足りなさすぎて(ノ∀;`)
      1話でまとめるしかないんだけど、実質45分ほどに収めるには駆け足すぎて。
      気分的には、ダイジェスト版を見ているようでした。

      白尾が進学を決めたエピソードとか、赤岩が柚子に告白することになるエピソードとか、「弱くても勝てた」最終回の記事や堂学との試合前に青志が語った内容とか、あるはずなんだもの……!!
      ていうか、ないわけがないんだもの……!!!
      あの情報量の脚本で、ここの話を入れないわけがないんだもん……。・ ゚・。* 。 +゚。・。* ゚ + 。・゚・(ノД`)

      って、時間が経てば経つほど、ジタバタなっているので、ドラマBOXには、ぜひとも完全版最終回を収録していただきたく……!
      完全版のディレクターズカット版あって欲しいなぁ……!
      公式アカの「実際にはまだまだ終わってません」の意味だといいなぁ。って思っているところです。

      *

      あと、全話を通していえば、やっぱりもうちょっと青志の人となりが判るエピソードが欲しかったかなぁ。と。
      最後は、青志の成長物語としても〆ていたので。
      できれば、高校時代の青志がキャッチャーだった理由や彼に監督を依頼した理由が、セリフだけでなく場面で見てみたかったなぁ…とか。
      結局のところ、高校時代にそれだけの研究をして思い入れがあった野球部を辞めた理由が、判然としないままだったなぁ…とか。
      そういうところが青志なのかもしれないけれど、強い過去の後悔や負い目のようなものをオイラは感じ取れなかったので。
      (ある程度のその辺の感情とは距離感があるように見えてた)
      その分の執着があったってことなんだろうけど、そこが「野球が好き」というとこに起因するものなのか、谷内田に自分の野球を否定された(?)とか、そのへんのところからどうしようもない挫折を味わった(?)というあたりからのものなのかどうなのかなーって。

      なんとなく当時、谷内田に現実を突きつけられて、尻尾を巻いて逃げ出してしまった「野球」に対して、現城徳野球部の部員たちと一緒に過ごすことで、立場が変わり、見えるものが変わり、当時得ることができなかった解答を得られるようになっていく。という風に見ていたので。
      それが青志自身がいう「後悔」という言葉にハマるのかが判んなくて(ノ∀`;)

      野球部を辞めてしまってから、長い間、「野球が好きだ」と言えなかった。
      「ここは、君がいるべき場所じゃない」と否定されてしまってから、自分が信じて好きでやってきた野球と正面から向き合えなかったという「後悔」なら判るような気がするーんだけども。
      でも、これ、こじつけちゃってるよなぁ……(ノ∀`;)

      いや、素直になんか、柚子のトラウマ説を採用すればいいんだろうけど、なんかしっくりこなくて(´ω`;)

      結局、谷内田がやっている野球と青志が好きな野球の形はどこか違っていて。同じである必要もなくて。
      そのことを青志は、谷内田に示すことがずっとできなくて。
      谷内田は、結局のところ、ずっと青志の本気が見たかったってことなのかな。
      …違うか、「野球に本気じゃない人」が許せない人なんだろうな、たぶん。
      どんな形であれ、どれだけ下手でも、「野球に本気」でさえあれば、それでよかったんだ。
      青志は、青志なりに「野球に本気」ではあったんだけど、谷内田の本気の前では、言葉にすることができなかったんだ。
      態度に示すことができなかったんだ。ずっと。
      だけど、その青志の中でくすぶっている「本気」を、谷内田はどこか感じ取っていたから(というか、青志自ら無駄に挑発しに行ってるっていうか、無意識が自覚的か判んないけど常に喧嘩腰ってあたりの部分もあったけど)、その本気を見たくて挑発してたってことなのかもなぁ。
      バッティングセンターで柚子と会ったときのも、そういう「本気」には敏感ってことだろうし。

      んで、最終話。
      「やっぱり、ここは、俺のいるべき場所じゃない」と谷内田に伝えた青志の真意。
      ……堂学に勝てなかったってところが大きいのかな。
      そして、「野球(部)を辞める」と決めたことも。
      でも、谷内田に対して、きちんと自分の意志表示をしたから、谷内田は堂学と城徳の試合を見た?
      そうして、ようやく青志の本気と対峙することができた?
      から、最後の日、谷内田は青志の前に現れた?

      「ゲーム辞めるんなら、しっかりアウト取ってからにしろってことだよ」
      「ようやくスリーアウトか。先はまだ長いな」
      野球を好きだと言えるようになった、本気を示すことができた青志の気持ちに後押しをしたのか。
      青志は、谷内田との「野球」を介したゲームでアウトを取れた。
      でも、まだ1回。
      野球は9回まである。
      そして、ときには延長も。

      そういうことなのかなー_(:3 」∠)_

      って、思いつくままに書きなぐってしまった><
      でも、こういうことにしておこう(ヲイ)

      ってなんか、だから、ね。
      こう、青志の感情の流れがイマイチ掴めなかったの。
      青志自身が、捻くれてて素直じゃないから…ッ!!・゚・(*ノДノ)・゚・
      なんっていうか、こう…!!
      もちょっとエピソード欲しかった……!!

      っていう(てへ☆)

      *

      青志の最後の選択も、なんとなくしっくりきてて。
      大好きな野球を、より柔らかい場所で、みたいな。
      その子一人ひとりの特性を認めて活かしていく柔軟な野球をするには、たぶんちょうどいいんだろうなって。
      そんな風に思って。
      実際、それがいいのかどうかは判んないけど。
      ちゃんと、ぴったりな場所に収まっていく感じがいいなぁって思った。

      *

      そんで、メインは卒業式後の部室での部員たちとの「卒業式」。

      クランクアップ直後の阿久津くんのブログで、「二宮さんから貰った言葉を大事にする」って書いてあって。
      そのあと、公式サイトとかクランクアップレポで、それが収録時間20分の長回しのアドリブシーンのことだったと知る。

      にののことだから、きっと役である生徒それぞれにも、そしてそれを演じてる個々人にも通じるような言葉を贈ってるんだろうなぁと思っちゃったんだけど。
      放送で見たら、まさにで嬉しかった(*´∀`*)♡
      なんであんなにもぴったりな言葉を贈れるんだろうなぁ。選べるんだろうなって、ひたすら感服するのみなんだけれども。
      その言葉の端々から、ホントにちゃんと自身で考えた言葉なんだっていうのが判るし。
      もう、話す前から水分量多めのだし、言葉にし始めたら、涙ボロボロだし。
      制御しきれなかった部分も多かったんだろうなぁって思ってる。
      本気の感情が震わせる涙、だよなぁ。
      唇も震えてるし、気持ちを立て直すような瞬間もあった。
      先生も生徒たちもみんな本気で、本気のシーンになっててたまらんかった(ノω`*)
      っていうか現場想像したら、余計震えるやつ……。

      ちゃんと見てるよ、って伝えてもらえるのも幸せだし。
      そっと背中を押してくれるのも素敵だと思う。

      実際のところを知らないから、裏側はただの憶測でしかないけれど。
      受け取れるものが多いのすごいなぁって、しみじみと。

      それから、大人たちも合わせて、城徳野球部の引退試合も好きだった。
      勝ち負け関係なくて。
      ただひたすら楽しむだけの時間。
      青志も幸せそうで、楽しそうで。
      そういう原点をちゃんと、みんなで楽しめたっていうのも大事で、大切な区切りだよなぁ…と。

      んで、なにげに、そういう場所でも勝ちに拘る峠監督も好きw
      峠監督もブレないw

      野球をしながら、一人ひとりの区切りをつけていく演出も好きだったなぁ。
      ちゃんと楽しかった。

      *

      弱くても勝てます。
      数字的な結果は、ダメだったけど。

      最初から最後まで、きっちりにのがやりたいことやれてそうだったのが一番……!
      そんで、がっつり本気で取り組んでる演技が見れたのも……・゚・(*ノДノ)・゚・
      あとは、ドラマとしておもしろかったらなおさらよかったけど……!
      好きは好きなんだけど、いわゆる「おもしろいドラマ」に入るのかって言うと、、、?っていう自分の中の立ち位置←

      なんかこう、すっごいいわゆる「おもしろい」ってなんだろう?って1話を見てからずっと考えてるんだけど。
      結局未だに判んない……( ´ω`)
      ドラマを作る/お話を作るって難しいんだなぁってしみじみする。
      いろいろと深読みできたり、個々のキャラクターとかも好きなんだよ。
      青志先生も好きだし、部員の皆も好き。
      好きなセリフもいっぱいある。
      でも、ぐいんって引っ張り込まれるような感覚がなかった。
      分かりやすいとか伝えることのバランスって、ホントに難しいんだなぁ。とか思ってた。

      でも、こういうドラマで、青志先生みたいな役を見れて幸せでした。
      楽しかった(ノω`*)♡

      3ヶ月間お疲れ様でした。
      次のタクマも楽しみにしているです。

       
      続きを読む >>
      | [嵐]ドラマ | comments(0) | - |
      10歩進んで、あと1歩。
      0

        「弱くても勝てます」最終回直前。

        ということで!

        最終回前までの感想をまとめておきたいな、と。

        その前に。
        一先ず、6/17。
        「弱くても勝てます」クランクアップおめでとうございました\(^o^)/

        推測にしか過ぎないけれど。
        いくつかの雨天で、撮影日も延びちゃったりしたのかな、とか。
        ちょっと思っちゃったりして。
        日付を越えて誕生日にクランクアップとか。
        それも、みんなとサザンウィンドで!
        勝手に、なんて素敵な(*゚ー゚*)!と思ってしまって。
        NEWS ZEROでちょっとだけ見れたクランクアップの様子も、生徒さんたちのブログやTwitterでの書き込みの熱に、わーっとなって。
        ホントに楽しそうで、幸せな現場だったんだなぁと思ったのでした。

        ジョンでの連載もよかった(ノω`*)
        最終回が野球部みんなでよかった。
        定期的に、それぞれと公開の場で話してるの垣間見れてよかったなって思うし。
        回を追うごとに、生徒役の子たちがにの大好きの声が大きくなってって。
        実際に、ドラマを見たときにも、個々のインタビューを読んだときにも、演技の姿勢みたいなものだったり、考え方の方向性に、二宮イズムみたいなものを感じ取れるようになってきたりしていたので。
        ああ、本当に敬愛されているし、ビシバシ影響を受けているし、まっすぐに吸収して現在進行形で使っているっていうのに感動してた。
        (オイラが感動するのも変な話だけどw)

        ブログやTwitterを追いかけてれば、それぞれに悩んでぶつかって落ち込んでる日もあって。
        それでも、ドラマでは、そのうち生徒たちのアドリブらしきものやそれぞれのキャラクターも活き活きと主張を始めるようになっていったら、ブログやTwitterもすごく楽しい/好きがあふれていってた。
        ちゃんとそれぞれに考えて、受け止めて、実行しているのかなって。
        ドラマ内の役柄の成長速度にも似て、ああ、ホントにいい現場なんだろうなーって思ってた。
        ドラマ見てただけだけど!!!w
        実際のところなんて判んないんだけど!w

        最終回の「二宮和也、15分間の涙のラストメッセージ」。
        公式サイトで煽ってあったけど、テレビ誌でもにの自身が言ってた「最終回について今まさに話し合ってるところだよ」って言葉が繋がっていって。
        ドラマが始まる当初にPに伝えていた「最終回はこうしたい」っていうにの自身の希望がこれなのかは判んないけど。
        これだろうなーって思いつつ( ´ω`)
        学園ものの卒業エピで正統派な展開の1つになりそうなのが楽しみで。
        にの自身が考えて、青志として、どんな言葉を彼らに伝えるんだろうと。
        それは、青志としても、二宮としても重なるものなんじゃないかってドキドキしてる。
        楽しみだなぁ……!
         
        続きを読む >>
        | [嵐]ドラマ | comments(0) | - |
        弱くても!
        0

          短文で発散させてたら、気持ちがなかなかこちらに向きませんでした。
          言い訳です。

          あっという間に、弱くても勝てます第4話直前!ということで。
          ちゃんと感想を書きます。

          っていうか、+act miniやピクトアップ、non-noに一途と。
          にののインタビューが楽しくて( ;∀;)
          ああ、この人好きー!って思いながら悶えてるんですが。
          もう、絶対、ちゃんとまとめて書いてた方がいいっていうのは判ってるんだけど。
          意志が弱い……←

          とりあえず、もうさ!
          びっくりするくらいインタビューが分かりやすい!っていうか、こんなところまでちゃんと話してくれるの!?って驚きに満ちているのですが。
          その辺は別エントリにした方がいいよね。判ってるよ。
          まずはドラマだよ。

          楽しい楽しい土曜ドラマだよ……!!
           
          続きを読む >>
          | [嵐]ドラマ | comments(0) | - |
          次のステージへ。
          0





            弱くても勝てます。
            土9連ドラ決定おめでとうございます!!

            河野Pだし…って、可能性あるって思てたけど。
            記事読んだら、にのの体験談も盛り込まれるとか、本人も、ドラマに盛り込んでいけたらーって、積極的な発言してるし。
            コメディ要素も含む青春群像劇って書いてあるし。
            武者修行で、高校の教壇たちにいくし。
            2013年にニノさんや日本調査で強化してきた部分がさっそく活かされそうだし。
            後輩つってるから、確実にジュニアっこいるだろうし。
            若手の人をまとめながら、先頭だってドラマ作ってくにのさんが見れるのですか……!?と、すでにそわそわしています。
            なんかもう、要素だけでも、確実に今までと違う方向で進んでそうで、楽しみなんですけど。
            そんで、そんで、満を持して、というか。
            三十路突入に際して、起点となる作品になることを祈っています。
            よいお仕事となりますように。


            はー!楽しみっ。
            おめでとうー!!.+゚.+゚(o(。・д・。)o).+゚.+゚
            | [嵐]ドラマ | comments(0) | - |
            快調。
            0



              えへ。見にきちゃった(笑)



              こんな感じ、、、。
              | [嵐]ドラマ | - | trackbacks(0) |
              期待はしないけどっ。
              0

                フリーターSP。

                考えてみたら、にのさんの連ドラがSPドラマ化するって、初めてな気がするんですけど、、、?
                まさかの、SPドラマ化なんですけど、、、?

                すごいねー!
                おめー!!

                って、とりあえず、思ったところで。

                いやでも、なんか、すごいなーって思って。
                んでも、このドラマが決まってるから、髪切ってくれたんだしヽ(´ー`)ノ

                とか、ごちゃごちゃ思ってたんですが。

                あらすじ見たら、子猫の文字がー!
                こーねーこー!!!!

                子猫出てくるとですか(;゚∀゚)=3

                子猫エピやるとですかっ(*´Д`)
                連ドラ化するときに一番楽しみにしてたエピが、いよいよくるとですか、、、!!(;゚∀゚)=3

                と、俄然楽しみになってきたのですが。
                期待はしませんよ。
                しませんとも。しません。

                しませんよ!!!

                あのまんまのエピは無理とはいえ、似たり寄ったりな展開を期待せざるをえないのですが。
                どうなのでしょうか(((*´Д`)))

                てことは、最終的には、あれがあーなって、こーなるってことなのか。
                あーなって、こーなる風に繋がっていくのか。

                (なんとでも言えるがな)

                とりあえず、胸キュンになるなら大丈夫です。

                つか、本格的に恋愛ドラマっ(・∀・)!
                なるのかっ!(ならんかっ!)

                いろいろ楽しみです。



                今、いろんなことが駆け巡って、(演技的に)追いつめられて苦しんで生みだされるみたいな経験をにのがすることがあるんだろうか。
                観たいな。みたいなことが過ぎりました。
                そんなことあっても表には、出てこなさそうだけど。
                いやある意味、そういうの、今までもあるけど。
                うんうん。

                ホントに、一貫性のない感情が、一瞬ガーッときました。

                嗚呼。。。

                _ノ乙(、ン、)_



                しかし、意外だったなー。
                フリーター続編するとはなー。
                びっくりした。ホント。

                撮影中ですよね。

                頑張ってください。

                有川さんの日記も、ちゃんと書いてくれてて。
                楽しみです。
                | [嵐]ドラマ | - | trackbacks(0) |
                あっという間だったなあ。
                0

                  なんだかんだと、最後までひっかかることはあれど。
                  楽しかった。

                  おもしろかったー><

                  と、思いました。

                  誠治と誠一の口喧嘩も最終的に微笑ましくなったしw

                  もうちょっと誠治の成長っぷりをしっかりみたかったとか。
                  思うことはいろいろあれど。
                  (主に仕事面?)

                  んでも、なんだかんだと。
                  ちゃんと作ってあったなーって思って。

                  特段に変わりすぎない関係性が、そのままでよかったです。

                  北山さんとか、なんのフラグだよ!?って思ってしまったりもしたけれどもw

                  いいお芝居もいっぱいみれたしなー^^

                  ありがとうございました<(__)>

                  DVDも特典いっぱい!
                  たのしみすぎるーぅ!!

                  とりあえず、武家と大悦土木の座談会。
                  そしてなにより、オリジナルミニドラマ「ブリーダー、犬を飼う。」「北山さん、お見合いをする」。

                  わくわくだなー☆

                  | [嵐]ドラマ | - | trackbacks(0) |
                  ひとこいし。
                  1

                  今日降ってきたお仕事のおかげで、明日、リアルタイムで何一つ見れないことを覚悟したので、ヤサグレ気味な悠です。
                  こんばんは。

                  明日は、お疲れ様ー!の気持ちを込めたいと思っています(何の話)

                  いや、なんていうのか、こう。
                  ドラマの、お話と視聴率と。
                  なんかこう、いい感じに連動してて。

                  おもしろくないときは、がっつり低くて。
                  おもしろいとちゃんと上がったりしてるあたりが。
                  嬉しいなーと思って(爆)

                  数字に対して、そういう言う風に思える作品ができたことが嬉しいなーって。
                  ほんのりと。

                  よかったねー!ってすっごく思う。

                  大事に作品作ってあることもわかるんだ。
                  分かりやすく。
                  ちゃんと、1話から10話まで繋げてるんだなーっていう脚本とかさ。

                  ただ、9話の時点で。
                  (っていうか、最終回の前に書いておきたいだけなんだけど)
                  伏線の回収の仕方が、概ね納得できないっていうだけで(爆)

                  まあ、オイラ自身が。
                  どうしても原作寄りな感覚だったり。
                  (だって、やっぱり原作好きだ!って思ってしまう)
                  情に篤い人間でもないから、理解できない感情とか感覚とかあるんだろうなぁ。って思うんだけど。

                  ドラマ見てればみてるほど、原作の設定とかキャラクターが好きだーと思ってしまうのは、仕方ないんですけれども(笑)

                  にのの演技もすごくいいしな。
                  好きだしなぁ。

                  相変わらず、家族パートが好きです。
                  竹中さんのインタビューの。

                  「私がこのドラマをやっていて強く感じたのは、家族の絆がどうとか、家族同士が手を握り合って「仲良くやっていこう!」という感じではなかった構造が好きでした。愛を売り出していくものではなく、もっと生々しいものだったという…。」

                  これが、すごくしっくりきて。
                  ありそうでない構図。
                  そして、それが好きなんだと思って。
                  シビアな面があるからこそ、っていう。
                  そういう話。

                  有川作品って、そうなんだよ。
                  結局、一番デカイ核って、普通に当たり前に、シビアな現実と直面するっていうことで。
                  悪いことをしたら、自分に返ってくるし。
                  いいことをすれば、ちゃんと見てくれている人がいる。
                  自分で考えて行動するっていう当たり前の行動理論が活きている。
                  ダメな人は、ちゃんとダメな人として。
                  賢い人は、賢い人として。
                  きちんと描かれているからおもしろい。

                  続きを読む >>
                  | [嵐]ドラマ | - | trackbacks(0) |
                  折り返し。
                  0

                    フリ家が6話と折り返しになったところで、これが連ドラになるってことなのかぁ。。。
                    と、しみじみ思うことしきりな展開。

                    あまりにもエピソードが家族外へと行き過ぎていて、誠治本人の成長が止まってしまっているし。
                    そろそろ仕事面の成長を発揮していかないかんのないんやかーって思うけども。
                    その肝心の仕事現場が、なんか、どうしようもない感じで;;
                    普通のホームドラマになっちゃったなぁ、という印象になりました。

                    10話って長いんだなぁ、と、ふと。
                    こんなにめいいっぱいドラマディックになるとは(苦笑)

                    いろいろ味付調理されてくると。
                    あとは好みの問題なんだろうけど。
                    恋愛要素を落として、家族とお仕事の話にしていた原作は。
                    スマートだったんだなぁ、と思ったり。

                    んー。
                    やっぱり、納得は行かないよ。

                    なんで、お父さんは、赤の他人の、しかも「女」に、家族に何も言わずに、お金を出して、時間を割いていたのか、と。
                    しかも、あの話だけでは、全てを享受するだけの女の人だし、、、。
                    お姉ちゃんも、なんであんなに頭良くないの;;と、若干、うずうず。

                    「男」と「女」って、ただそれだけで。
                    女の自宅へ行く家族持ちの男の人、って時点で、どんな想像をされても仕方ないような関係性を、なんでお互い疑問も持たず、改善させようともせず、続けていけたのか?
                    >いくら、お父さんが、自己主義で思いやりのない人であってもさー;;
                    女のほうも、普通、怖くないか?
                    あんな中年のおっさんが、なんの見返りもなくいろんなことをしてくれる、ってさ。
                    しかも、一人暮らしの自宅にも普通にあげてるって、どんだけ。
                    その時点で、いろいろファンタジーな気がするのですが;;
                    いっそのこと、肉体関係あったほうがまだリアルな気がするくらいです;
                    いいじゃん。
                    家族に黙って、自分の自己満足のために、自分のお給料から女に(結果的には)貢いでたんだもん。
                    その時点で、十分酷いだろ、と思うのですがー・・・。
                    なんか、男女の関係はありません!
                    お父さんの無償の奉仕です!
                    って、うやむやな感じにしたうえで、勝手に父親の本心聞かせて、なんとなく丸く収まりましたー☆みたいな形にされてもなぁ。

                    お父さんの「教えたがり」「頼られたい」っていう想いを埋めるのは、息子の誠治ではダメだったんでしょうか(^^;
                    お母さんとの距離を手を握って縮めて、ハンドクリームで繋げるみたいに。
                    お父さんとも、ちょっとだけ誠司が折れて、そうして縮めていくことできなかったのかなぁ。。。
                    好きだったんだけどな。
                    誠治がお父さんに履歴書の書き方とか、面接の受け方を教わろうとする場面;;
                    それで、定期的に添削受けたりしてたんだけど。
                    この流れで、その展開が今後あってもなぁ・・・_| ̄|○

                    お仕事パートも、ほぼ恋愛パートみたいになってて、もう、なにがなにやら(^^;
                    フリーターの就活はどこへ?
                    お仕事の醍醐味はどこへ?ヽ(^o^)丿

                    …事故もなぁ。
                    いやまさか、これで、猫ちゃんのエピソードは削られちゃうのかな。
                    (いやまあ、あの千葉ちゃんと誠治で猫ちゃんやられても、微妙だけどw・爆)

                    そ、壮大な感じになるのだなぁ。
                    ドラマ化って。

                    ほえー!!

                    いやまさに、ドラマディックだね☆

                    *

                    んー。
                    まあ、好みの問題だけど。
                    やっぱり、オイラは原作のお姉ちゃんや千葉ちゃんと誠治の関係とか。
                    家族が好きだなぁ。

                    と、今夜改めて思いました。

                    ちゃんと、ホントに大切な人のことを想い合えるようになっていく感じが好きだわ。
                    うん。

                    *

                    ま、なにはともあれ最終局面。
                    クライマックス前のクライマックスってところなのかしら?

                    最後の怒涛の展開に期待ですね(爆)
                    | [嵐]ドラマ | - | trackbacks(0) |
                    お話に。
                    0

                      没頭できるっていいなぁ。

                      って、ふと。

                      1話の視聴率がよくて。
                      お話がおもしろくて、数字もいいって、嬉しいなーって思って。

                      有川日記も嬉しくて。

                      公式ブログの「戦勝御祝」に、くぅ〜〜っ!!ってきて。

                      おもしろいまんま。
                      見応えのあるまんま、最終回までいくといーなー!って気持ちでいっぱいです。

                      あー。
                      じわじわ嬉しい〜。

                      有川さんだよー。
                      にのだよー。

                      わぁ〜い(*´∀`*)

                      みたいな。

                      …なんだこれ(w

                      続きを読む >>
                      | [嵐]ドラマ | - | trackbacks(0) |
                      / 1/9PAGES / >>