100回目。
0

    一途連載100回目、おめでとうございます!

     

    …、ということで。

    とうとう節目の100回目だ!

     

    ホントは、99回目のスペシャルのときもちゃんとブログ書いておこうと思ったんだけど。

    なんかタイミングを逃しまくった結果、100回目の日が来ちゃって。

    そしたら、ここ最近、ぐるぐるしてたことがいっぱい詰まってたから。

    書いておくことにした。

     

    発売日だけど。

    がっつり中身に触れてるので、ネタバレ注意。

     

    続きを読む >>
    | [嵐]一途。 | comments(0) | - |
    たぶん、ずっと優しい。
    0

      刺すような陽射しと強い暴風雨に見舞われた夏が過ぎ去ろうとしている。

      いろんなことがあったね、と。

      そっと深く息を吐き出すように言葉がこぼれていく。

       

      楽しいことと苦しいこと。

      どっちが多かった?

       

      なんて、比べさせて自覚させたら、それはそれで罪な気もした。

       

      傷つけたくて、傷つけようとする人なんて、きっと少数派だ。

      どうにもならないことの方が多くて。

      その圧倒的な自分の無力さの前で、さあ、どうすればいいのかと立ち尽くすしかなくなるような。

      結局、何も選べなくて、誰のことも思い遣れなくて、自分の気持ちでいっぱいいっぱいになる。

      そういう自分にも嫌気がさす。

       

      傷つけたいわけじゃないのに、小さな失敗を繰り返して、後戻りもできなくて。

      どうすることもできないから、ひとまず自分が大事にしているものを大事にしようと思った。

      気持ちが落ち込んでいかないように、少しでも好きなものを増やしてみようと思った。

      興味の向かう方へ、好きがある方へ。

      アンテナを伸ばしてみる。

      「いちばん」は変わらないけど、楽しいこともいっぱいあった。

       

      シークレットトークのお題。

      この夏の想い出の話題で、話題をすり抜けていくのを聞きながら、ふっと吹き出した。

      お疲れ様。って思った。

      ラジオを聞きながら。

      いろんなことが伝わっているんだろうなと思った。

      いろんなことを考えてるんだろうなと思った。

      「言えること」と「言えないこと」のカテゴリ範囲がまたちょっと変化してるんだろうなと思って。

      なんでもかんでも自由に発言しないから。

      自分の中の胸の内側。

      特に「好きなもの」についての共有範囲。

      線を引く場所を感じながら、それを寂しがっていいのかどうか判らずにいる。

      簡単に踏み込んじゃダメなんだろうなって思うから、何も思わないようにしてるし。

      もし、教えてくれるなら、共有したいって思ってくれるなら、そのときに楽しみたいって思ってるから。

      それでいいし、そうすることはこれまでもこれからも変わらないんだけどさ。

      またちょっと何かが遠ざかったようにも感じて、しょうがないよなぁって思ってしまうことも許して欲しい(笑)

      (いや、別に誰に許されなくてもいいんだけど)(そもそも許すってなんだよw)

       

      なんにせよ、動いてる時間の中で。

      自分の頭ン中。

      勝手な解釈で、思考や想像を転がしているだけにすぎないから。

      がんばれーとありがとー、あんまり気にしすぎるなよーみたいな気持ちを抱いてしまうのも、オイラの勝手な思い込みだ。

       

      いや。

      あー、抜けたなー!って感じた日は嬉しかったのよ。

      嬉しかったっていうか、可笑しかったのよ。

      ああもう通常運転!ってバンザイしたくなったからね。

      それでも、ちゃんと考えてくれてたから、優しいなぁって思った。

      …ホントに優しいのかどうか知らないけどw

      気持ちの根底なんてわかりようもないんだもの。

      それでもおもしろがりながら、ありがとーって思ってしまうから、自分は自分にいいように解釈して、遊んでるんだなぁとも思う。

       

      そんなわけで。

      意味のわかんない長い前振りのあとに、一途の感想。

      MORE10月号・第94回「知らぬが仏」。

       

      続きを読む >>
      | [嵐]一途。 | comments(0) | - |
      空に星はひとつだけ。
      0

        あ。

        久しぶりに、ちゃんとブログで一途の感想を書きますよ。

         

        って、こうやって、ちゃんとまとまった文章を置けるところでないと、っていうのと。

        あとは、変な感情に動かされたくないからっていうのと。

        そういう意味で。

         

        …って、書き始める前に。

        一途が、今日発売の16年9月号で93回。

        100回まであと7回。

        長く連載させてもらえてるんだなぁっていうのと。

        こうやって毎月、1ヶ月ちょっとのタイムラグで、その頃のにのの話を読める機会があるのは嬉しいなぁ。

        という気持ち。

         

        区切りが近づいてくると、なんだか、ソワソワしてしまうような。

        少しでも長く続くことを祈ってしまいそうになるのは、たぶん、ニッキのトラウマもあるような気がするけど(笑)

         

        勝手に、オイラは、にのの個人のことで「1つの区切り」を迎えることはちょっとこわいのかもしれない。

        いつでも終わらせられる人だって思ってるからかもしれない。

        続いていくことを確認して安堵することの繰り返しなのかもしれない。

        って、ちょっと思った。

         

        過去を残すこと。

        足跡を残していくこと。

        流れていく時間の中にあって、それほどに過去に固執しないから。

        想い出よりも過去の栄光よりも、今の。そしてこれからの在り方の方しか見てない気もしてるのかなぁ。

         

        閑話休題。

         

        一途。

        93回「勤続20年」。

         

        続きを読む >>
        | [嵐]一途。 | comments(3) | - |
        せっかくだし。
        0

          某所にあげてたんだけど、こっちにも(笑)
          先月号の一途。

          っていってたら怒られそうだけどwww
          せっかくなので、印象に残った言葉。







          | [嵐]一途。 | - | trackbacks(0) |
          選ぶ基準。
          0

            先月の一途を読み返し、改めて振り返る。

            ああ、ぞくぞくするわぁ。
            っていうか、原作読んでないから知らないから、憶測でしかないけど。
            口出してそうな雰囲気(* 'ω')
            いつものことだけど。

            自由度が高いっていうのはいいね。
            こういうのやりたいって言って、やらせてもらえるのっていいね。
            読んでわくわくソワソワしたのは、こういうのが控えてたからなんだなぁって。
            改めて思いました。

            (´ω`)
            続きを読む >>
            | [嵐]一途。 | - | trackbacks(0) |
            メモなので。
            1

            ホントはちゃんと書きたかったんだけど。

            だらだらっと。

            続きを読む >>
            | [嵐]一途。 | - | trackbacks(0) |
            しみじみと。
            0

              一途のライターさんのブログ読んで。

              こーゆー連載になってくれてよかったなぁ、って思いました。
              ホントに。

              私情はいらないんだよっ。
              にののコトバだけでいいのっ><
              って思ってた連載当初から(爆)

              ホントに変化して、ここまでなった。
              嬉しいわぁ。。。!

              うー!
              来月号もわくわく!!
               
              続きを読む >>
              | [嵐]一途。 | comments(0) | trackbacks(0) |
              じわーっとくる感じ。
              0

                うきうき。
                わくわく。

                そんな感じ。

                やっぱり、楽しみだよーーーーーー!つって。

                今からそわそわしています。

                ドキドキするなぁ。
                もう、ホント。
                聴いた瞬間、爆笑したらどうしよう><

                続きを読む >>
                | [嵐]一途。 | comments(0) | trackbacks(0) |
                ちょ、お前。
                0

                  17日のあらしでん。
                  なんとなく、書き上げられずに下書きのままです。

                  思うことがありすぎて。
                  でも、あまりにもどうでもいいかなーっていう反面もあって。
                  そんでもって、なんとなく納得できるあたりが。
                  もちょっとうまく書けたらいいな。

                  *

                  ってことで。

                  一途。

                  いきなり「早く結婚しておくべきだったかもしれない」から始まったから、びっくりした。

                  だって、乙女だもーーーーん。
                  (自分で言うな)
                  (そして気持ち悪い)

                  まあ、最後は「オレって、やっぱり結婚は厳しいだろうね」という締めになるわけですが。

                  続きを読む >>
                  | [嵐]一途。 | comments(2) | trackbacks(0) |
                  うわ。
                  0

                    早く寝なければ。

                    一途がなぜだか愛しくて(笑)

                    つか、久々に立ち読みしたD誌のケーキ作ってるにのさんの目が、とてもはれぼったいことになってて。
                    うわ、なにこれ、めっちゃJrっぽいwとか思ってしまった(笑)
                    なんか、昔のJr写真とかあんな顔だったよなぁってw

                    どうしたんだろ。←

                    閑話休題。

                    一途について書きたくて。
                    うずうずしてるんだけど。
                    なんて書けばいいのかなぁ。

                    壊れそうなイメージ。

                    ってキーワードに、ふらふらしてます。

                    今、にのにそういうイメージはないけれど。

                    壊れそうな雰囲気。
                    消えてしまいそうな雰囲気。
                    儚げな雰囲気。

                    守りたいのかな?
                    壊したいのかな?

                    守りたいって思える君は、きっと優しい。

                    壊れそうで、壊してしまいたくて。
                    だから、シブヤは成立したし。
                    繊細なダイヤモンドは理由だなぁ。
                    壊れそうなギリギリの雰囲気を保つ。
                    どうしようもなくなって、壊れてしまうのは見知らぬ乗客。

                    と、舞台に例えてみたり。

                    ……やっぱり、守りたいんじゃなくて、壊してしまいたくなるんじゃないか?
                    少年よ(爆)

                    ある種、理想の少年像って。
                    そういう儚さや脆さだったりするよね?(笑)

                    それが崩れたり、壊れる瞬間。
                    むき出しになる感情や表情を観たいと思う。

                    そして、それを見れそうな気がするんだよ。
                    きっと(酷)

                    でも、壊れそうなものを壊しちゃいけない。
                    守らなきゃ、と思えるにのさんが好きです。

                    くふ。

                    壊れないって知っているから、安心して委ねられる。
                    バカが好き。
                    尊敬の念を込めて。

                    いっぱい甘えさせてくれる人たちでよかったなぁ、と思います。

                    とっくの昔に。
                    もうにのが消えてしまうかもなんて思わなくなったよ。
                    ホント強くなったよなぁ。
                    大人になったよなぁ。

                    大好きな人達がいっぱいでなによりです。

                    嵐が嵐でなかったら、にのはにのでなかったと思う。
                    強く、強く思う。
                    傍にいてくれてありがとう(オイラが言うことでもないけどな)。

                    | [嵐]一途。 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    / 1/2PAGES / >>