<< 胸を占めるのは | main | 絵日記・・・! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク | - | - | - |
    週末にかけて
    0

      なんか、ばたばたと立て込んできそうな気配ですね。
      楽しみだなー。

      充実した連休になりそうだわ[:わーい顔:]

      あれもこれも!って。
      たくさんあるね[:ハート1:]
      がんばんなきゃだー!

      そんなわけで、返信です。
      Lさんへ
      >金原ひとみは、んーとえーと「どうでもいい」と一読して結論してしまいましたよ。題材がちょっと刺激的でビジュアルが小説を書く女の子にしては割かし良くて。話題づくりにはいいかなー、みたいな。続かないと思いましたけど、どうでしょかね。
      えっと、まるっと同意(爆)
      まあね。なんがおもしろいのかな?と思って、読み取れそうなことを書いてみたわけですが、基本的にはオイラも「どうでもいい」です_| ̄|○
      同じ題材だったら、他にもっとおもしろく書ける作家さんがいる気がする。
      というか。主人公に共感できる部分が微塵もないというか。
      人の輪郭がぼやけてて、よくわからんというか。

      >ロンQの日、福岡にいるじゃん。見るかなーアタシ。
      見よう見よう!ぜひ!(笑)


      Sさんへ
      >「蛇にピアス」私も去年の暮れに読んだのですが、主人公の居る世界が「今のリアル」なのか、作者と同年齢の方の感想が知りたいなあと思っていました。
      ・・・うーん。
      同年代(って言えるのかな^^;)とはいえ、共感できる部分はなかったです。
      そうなのかな?って憶測できることはあったにせよ。
      オイラのリアルではありませんでした。
      というか、小説って結局は「嘘」の話をいかに「リアル」に読ませるか、って話なので、どんな人でもリアルと感じなければ、所詮はその程度、ということなのだと思います(^^;
      感情にせよ、心の動きにせよ、そこに生きている人を描くんだから、1点でもリアルな痛みや感情を受け取ることがあれば、成功してるんでしょうけどね・・・。
      個々の登場人物が、バラバラに立っていたりすることとか、本当はリアルなのかもしれないですけど。
      登場人物ひとりひとりが、生きている気がしなかったので。どういう人物なのかも判らなかったし・・・。なんか、輪郭がぼやけてるんですよね(--;

      >ニノとの対談、どうなったんでしょうね。ニノは「キレテル!」と言ってたけど、その意味もよくわからないので、悠さんの解説(?!)楽しみに待ってますので、よろしくです。
      ほよよよ?
      キレてる!の解説?違いますよね?(笑)
      対談は、楽しみです。
      なんか、最初に彼女を観たときから、世界中を敵に回してるというか(笑)
      私の周りは棘だらけなんだよッ!って荊の道を進んでるようなイメージがあって。
      確固たる意思というか。攻撃的な印象を受けたのですよねー。
      実際は知りませんけど。特に興味もないし(爆)
      でも、どんな話をしているのか楽しみです。


      Sさんへ
      >先日の『情熱大陸』蜷川さんでしたが、『近代〜』では、ありませんでしたね。番組スタッフが取材にきていたと聞いていたので、『近代〜』を取り上げてくれるものと思い、お伝えしてしまいました。
      ああー!
      気にしないで下さい。
      大丈夫ですヽ(´ー`)ノ
      情熱大陸はよかったですねー。
      やっぱ、すごいなぁって見入ってしまいました。
      またいつか!と願ってやまないですわ。

      >二宮さんソロ!踊るのですね♪もう嬉しくて嬉しくて、ニッキを読んだ瞬間、くぅぅ。。って、拳握ってしまいました。本当に楽しみですね!
      もう!
      待ちに待った!!ってヤツですからね!!
      どうしましょう!!
      てか、ポップな曲だから、・・・う〜ん??
      どういうダンスを持ってくるのか楽しみですね(*゚Д゚*)
      あー、ホント嬉しい(*゚Д゚*)


      Sさんへ
      >目覚ましの大野君、「壮絶男前!」でしたよね?
      見出しのところをちらっと見て、さとし!?とオイラも声出してしまいました(笑)
      いや〜、まじかっこよかったすよね!

      >ニノが夏コンで踊るそうですね。おめでとうございます。昨日のニッキ読んで思わす「マジで!?」とこれまた大声だしてしまいました。お家でよかった。コンの回数増やしたほうがいいのではないか?と考えたくらい楽しみです。
      ホントに(つД`)
      もう夢みたいですよ。ありえない。
      でも、実際見るまでは油断ならないですからね。
      ワクワクしながら待ってますわvv

      >京極堂映像、私は有線待ちです。映画化決まってからシリーズ全部読みました。私はキテレツくんがお気に入りです。でも阿部寛のキテレツ君はどうかと思っていて。。どうでしたか?
      映像は、オイラは好きでしたよ。
      ホントに、想像をしっかり補完してもらった気がします。
      安部氏は、オイラも、む〜?と思っていたのですが。
      観ていたら、そんなに違和感もなく。
      いわゆる、トリックの上田さんや空中ブランコの精神科医のような、ちょっと一癖ある(どこかズレてる)人、という点ではズレはなかったように思います。
      破天荒さ、というか。
      意味がわかんなくても、なぜか納得せざるを得ない、というか。
      CMとかでちょっと怖い話的に宣伝されてるほうが気になります。
      なんつーか、恐さとかよりも、まるっきり初めての人は理解するほうに時間をとられてしまいそうな(^^;
      そんな感じでした(笑)
      あ、一番最後の最後にも京極堂が出てくるので、お見逃しなく[:ハート1:](笑)
      映画を思い返して、「あー、おもしろかった」って言ってる自分がいるので、おもしろかったんだと思いますわ(w
      | [BLOG]返信 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0

        スポンサードリンク | - | - | - |
        Comment
        It comments.









        trackback URL of This Entry
        http://wanko2038.jugem.jp/trackback/1165
        Trackback