<< ビックリなのは | main | 私信私信・超私信 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク | - | - | - |
    なにはなくとも
    0

      嵐は好きだなぁ、と、のほほんとしてしまう今日この頃。
      みなさま、いかがお過ごしですか?
      (って誰だよ)

      今日のミンテレは、まつもっさんが七三でとても可愛らしかったです。

      もうそろそろ、嵐も出してくれませんか。
      無理なら、その芸人集団の中に、しれっと、大宮SKとか混ぜてみませんか?

      「ちょ、おま、それいつヒットしたんだよ!?」

      的な大宮メドレーでもやっていただけると。

      ほんのりごめんね[:ハート1:]的に場を和ませ、お茶の間に

      「・・・え?彼らは何なの?」

      的なインパクトを残して去ることができるかと思われますのですが。

      とりあえず、大宮出演の際は、嵐の大野と二宮であることは、一切伏せ、あたり前のように出演し、あたり前のように去っていくのが理想であります[:ハート1:]

      ああ、見たいな〜。
      伝説のユニットのこじんまりとした姿を[:きらきら:]

      *

      そんなわけで、毎度のコトながら、拍手ありがとうございます<(_ _)>
      >ク−ルだった彼の人生において、初めて好きになった人(受け入れてもらった人)が、相葉ちゃんだったんでしょうね。彼の相葉好きは、本当に変わらない・・だから、嵐も変わらず愛していくんでしょうね。
      きっとそうなのでしょうね。
      02年の少クラで「2002年は、嵐でいれますように」って二宮さん言ってたんですよ。
      当時もそれなりに衝撃を受けたんですけど、今見返して改めて見ていると、ちゃんと嵐と相思相愛になれてよかったなぁと思ったりしたのです。
      ずっと変わらない「好き」の形が、彼の中に増えていくといいですよね〜[:ほっとした顔:]
      相葉ちゃんも嵐も、もっと他のいろんなことでも。

      Mさんへ
      >私たちはこんなにも彼らのこと事を「知って」いても、彼らは私のことを何も知らない。かなり一方通行な情報量なんですよね。
      >でも結局、それが嵐だから、という次元ではなく、自分と他人なんてそんなモンなんじゃないかとも思うんですよね。
      >私はこの人が好きだ。こういうところが好きだ、こういう所もあるけど、でもそれでも好きだ。そうやって、勝手ではあっても、自分がこの人を好きだと言う気持ちに理由と言うか理屈というか、そういうのをつけることで安心できると言うか・・・
      >言い換えたら、そういう理屈がないと不安になることもあるんじゃないかななんてちょっと考えたりしています;
      共感していただき、ありがとうございます<(_ _)>
      私も、Mさんのコメントでそうそう!って思いました。
      そうなんですよね。理屈がないと不安になる。
      ずっと信じていたいけど、おぼろげな形のままでは何を信じたらいいのかわからなくて。
      自分の中で、こういう人だ、っていう定義がないと信じることが難しくなってしまう場面ってあるんですよね[:汗丸顔:]
      それは、対他人のときもそうなんですけど。
      特に彼らの場合は、Mさんも仰るように一方的な情報の上に成り立たせることだから、どうしても変に理屈をつけるようなことが多くなってしまうような気がします。
      自分が見たこと、読んだこと、感じたこと。それらから作る彼らの像は、きっと本人とは違うんだろうけど、でもそうであると信じてないと、怖くなっちゃうんですよね。
      すごい自己弁解みたいになっちゃいましたけど。オイラだけじゃなくてよかったです。ありがとうございました。


      >悠さんがね、にののことを決め付けて何を書こうが構わないと思うんですよ。大方はずれてないと思いますし、ナルホド!と思うことも多いので。
      >ただ、にのの代弁はしないで欲しいですね。
      >決め付けるんと代弁するのは違うことですよね?
      ええ、違います。
      そして、私は、にのの代弁をしているつもりは全くないです(苦笑)
      私は二宮さんと直截関係があるわけでもなんでもない、ただのいちヲタなので、そんなだいそれたことを思ったことは一度もないです。
      私が書いてることは、私が見たり聞いたり読んだり感じたり考えたことからの「決め付け」であり「妄想」です。
      ただ、そういう風に取られてしまうというのは、私の力量不足ということですので、申し訳ありません<(_ _)>

      >例えばにのあい話とか。にのは恥ずかしがって言わないけど、本当はこう思ってるくせに!とか読むとなんだかなぁと。。
      >ネタにしつつも本気だなーと。
      んー。具体的にどのことを指しているのかは、わからないのですが。
      基本的ににのあいが好きな人間ですので、二宮さんと他のメンバーについてあまり真剣に見たり、考えたりすることはないです。
      ついでに、二宮さんが相葉さんを好きだというのは(人間愛的な意味ですが)、結構、本気で思ってます。
      二宮さんと相葉さんのふたりの関係は、人生の中で1度あるかないかの出会いだと思っているし、二宮さんを考えたときに相葉さんの存在を外して考えることはできないと思っています。
      ただ、それを踏まえたうえでネタとして遊んだりするだけです。
      だから、ある意味で本気な部分もありますよね。確かに。

      >そういうふうに見れない人はどうすればいいでしょう?
      >だったら読むなとか言われそうですね(笑)
      そう言うしかないですよね[:汗丸顔:]
      こちらとしては、読む人を制限できないので。
      わかんなかったら、スルーしてくださいとしか言いようがないです(^^;

      ただ、理解しておいてほしいのは、このBlogは、私が感じたことや考えたことを書き残していく場所なんですよ。
      だけど、別に私の書いたことに関して、読む人がみんな共感してください、そうだと思ってください、というつもりは全くありません。
      先のエントリーでも書きましたが、彼らはアイドルであり、ファンは彼らが見せるものを受け取ることしかできません。
      そのため、ファンひとりひとりが、全く同じ彼らのイメージを持っているとは思っていません。
      ただ、たくさんの情報の中から感じたことが、多数の人にとって同じようなイメージとして認識されて、ある程度の同じくらいの量の情報を受け取ったファンは、共通の認識として、同じようなイメージを持つだけのことです。
      ただ、同じようなイメージを持つだけで、全員が全員同じイメージを持っているわけがないし、それはありえないことです。
      先にあなたも、私の二宮さん像に共感されてますが、「当たってると思う」だけですよね?
      その「当たってる」かどうか、というのは本人以外わかりませんよね?
      にのあいに関しても、それをどう受け止めるかは人それぞれだと思ってますし、別に無理して共感されなくてもいいんです。
      共感する人がいれば、しない人もいる。それが当たり前ですから。
      私だって、違う人の話を聞きながら、そこは違うよなーって思うこともあるし。

      ただ、こんな私の文章でもあなたのように二宮さん像が同じだと感じる、また読んだことをきっかけにして、嵐のことを考えてくれる。
      違う見方を知ることで、より嵐が好きになったと言ってくれる方がいて。
      それなら、今までの嵐を知らない人が嵐のことを考えるときに、手助けとなるような記事や事柄があれば、書き残していくことで同じ情報量になっていくから、きっともっと嵐が好きになる。
      めちゃくちゃ傲慢ですが、そういう風に思って書いてたりもするんです。

      長くなりましたが_| ̄|○

      特に、自分とは違うからといって迎合しろと強要するつもりは全くありません。
      違うと思ったら、スルーしてもらって構いませんし。
      自分でBlog作って発散するのもありだと思います(w
      スルーできなかったら、コメントなり拍手なりで、考えを書いてもらっても構いません。
      それで新しい見方ができるようになるかもしれないので。
      ただ、一言だけだったり、意味のない抽象的な言葉だけだったら、反応のしようがないので、困ってしまいますが(^^;

      そんな感じです。
      長々とすみませんでした_| ̄|○

      Tさんへ
      おーっと!全然平気なりよー晴れ
      って、ガイドって書いてなかったっけ?(笑)
      あれ?(^^;
      | [BLOG]返信 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0

        スポンサードリンク | - | - | - |
        Comment
        It comments.









        trackback URL of This Entry
        http://wanko2038.jugem.jp/trackback/1288
        Trackback