<< テリー。 | main | ・・・あ? >>
じったんばったん。
0

    プロフェッショナルが堤監督でした。

    気負わず おごらず 立ち止まらず

    ってサブタイトルで、にのさんの仕事の五箇条思い出した(笑)

    ポロッと、不意に思い出して、たまに確認しちゃうんだなー。

    おこるな。いばるな。あせるな。まけるな。くさるな。

    ダメだなー。おれ。

    ・・・ま、いいや。

    しかし、カッコよかったなー。

    それから、あれを見て、客観性ということが、なんとなく判った気がした。
    判った、と言ったら変だけど。
    ああ、このことなのかも、って。

    にのや潤くんが、最近よく言ってた「客観性」。

    堤監督が、最初の頃は、役者さんの生の演技が、すごいよくて、もうなんでも、すごいすごい、いいよいいよって、そのときはのめり込むようにOK出すんだけど、実際、編集の段階になると、使えなかったり、映像としてはダメだったりしたことが何度もあったそうで。
    でも、お客さん見るのは映像で、舞台じゃないから、生の演技じゃなくて、映像としていいもの撮らなきゃいけない、と。
    そのために、常にお客さんの視線に立つ、のめり込みすぎない客観性を大事にしてるってことを言ってて。

    はー!そうかーっ!
    と思ったのでした。

    やっぱり、プロはすごいんだよな。

    | 携帯便り | comments(0) | trackbacks(1) |
    スポンサーサイト
    0

      スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      It comments.









      trackback URL of This Entry
      http://wanko2038.jugem.jp/trackback/3816
      Trackback
      こまごま。
      「声」があいばさんで始まりますね。 このままずっとあいばさんでいいな、と思う。くらいすきです。 AroundJapanの領域の狭さは異常。 何日の何時に入れるか。 の前に入れるかどうかも判らないけど、宿と足を押さえなきゃいけない。 だからもう勝手に願望で。その日に入れる
      | ひなこのきなこ | 2008/05/14 3:35 PM |