<< 弱くても! | main | 伸ばした手の向こう。 >>
しみじみ思うんだけど。
0

    なんか、にののインタビューで去年末くらいから言葉にしてたこととかが、ドラマのことを考えた時や青志先生のことを考えたことに繋がったりするんですけど。
    さっきもエントリ書きながら「どういう人かなんて一言で言えるような人間はいない」みたいなこと言ってたの思い出して。
    今月号の一途の「忘れられない人」も、それっていろんな人の記憶に留まり続けてた青志先生だよなぁって繋げちゃって。
    結局のところ、一途で不安定っぽかった時期とかも、結構リンクしてたりするのかなぁって思った。

    +act miniのインタビューを読んだときに、改めて、河野Pやドラマ製作陣の人たちなんかと、たくさん話しをしたんだろうなって思って。
    きちんと明瞭な言葉にできるくらいの自分の意志として固まるだけの場所があったんだろうなって。
    ドラマを作ることに関わるにあたって、「こうありたい」っていう意志みたいなものも、これまでよりも明確に見えている気がするので、はー、カッコイイなー(ノ∀゚*)ってひっそり思っていますw

    なんか、そうするだけの立場にもなれたし、それができるだけのスタッフさんにも恵まれてて。
    にの自身も成長したうえでの、若い人たちの前に立つ立場での連ドラってすごい経験だねーヽ(=´▽`=)ノ
    って思ってる(誰)

    いや、改めてホントに30代最初のドラマがこれってホントに……( ;∀;)
    しかも、なんだかんだニノさんやしやがれやVSで獲得した経験値も発揮されてるでしょ、あのテンポ……。

    大体にして、アニキ成分発揮してるにのさん大好きだからもう。
    そこはかとなく感じ取れるあたりがもう、笑いがでてきます(どういうことですか)
    おもいっきり満喫して欲しいし、頑張ってるし、もうホームに戻ったらいっぱい甘えればいいよ!とか思うし_ノ乙(、ン、)_
    いろいろあるかと思うけれども、いっぱい吸収して満喫できるといいなぁって思ってるです。って、誰って話なんだけど。

    てか、何の話なのこれは!!(#゚Д゚)ノ

    単純に、なんか、ホントにいっぱい準備して、いろんなこと考えて実行してるんだなーっていうのが見えるから幸せだなーって思いました←
    (まあ、完全なる憶測ですけれども)

    あと、若い子と距離を縮める手段に、「ふくらんだお腹見せる」って10年前と変わらないことやってて、愛おしくて仕方ないです。
    でも、そろそろ、本気の中年太りとか思われるようになるから注意した方がいいよ(まがお)
    ギャップとか言う話じゃなくなってくるから。
    笑いの種類変わってくるから気をつけて(`・ω・´)キリッ←
    | [嵐]雑誌 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0

      スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      It comments.