<< なんとなくの、一例として。 | main | 夏の記憶。 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク | - | - | - |
    さらに、その先へ。
    0

      デジタリアンを観ました。
      まとめておきたいことは2つ。

      1つ目は、コンサート後にまとめた感想では、ぼかしたアンコールの15周年メドレーについて。
      あの時点で深く潜らずにいたのは、コンサート中は体感することに重きを置いてて、歌詞をちゃんと飲み込むことをしていなかったから。
      映像化されてから、「どこを切り取ったのか」を感じればより見えるものがあるだろうなって思っていたので。
      (で、それは予想通りだった)
      結論的には、BLAST in Hawaiiの最後の挨拶で潤くんが話していたことが、本当にしっかりと込められていたメドレーだったし。
      「15周年メドレー」として銘打ちながらも、「ありがとう」を示す楽曲を選曲しなかったのに、高評価を与えたい。
      ……って、これは完全に個人的なエゴだけど(笑)
      安易に「ありがとう」と言うメッセージを示すのではなく、自分たちの足跡とファンの感傷をきちんと煽りながら、「さらにこの先へ」「この場所に立ち続ける」「ファンを含めたみんなとずっと一緒に行こう」という前向きな気持ちが詰まってるメドレーになってて。
      それが「嵐コンサート」を軸に展開されるっていうのが、すごく好きだと思った。
      (シングルジャケ写から嵐コンロゴに変更したの、ほんっとにすっごくよかったって思ってる!)
      (だからこそ余計に、ハワイからヘリコプターで旅立ったその後に、気球に乗って「ここ」に帰ってくるっていうのが、あの衣装と共に強調されている気がして!ストーリーをすぐ乗っけたくなる人間としては、ちゃんと繋がってる…!好き!!ってなる演出)
      「ありがとう」と言われているよりも、ずっとずっとこの人たちのことが好きだ、って。
      15年間観てきてよかった、って。
      なによりも、お前らみんなまとめて抱きしめてやるーーーー!!っていうはた迷惑な感情が巻き起こりました。

      まあ、だからといって、しょっちゅう見直すかと言ったら、それはしないし。
      ある程度意図的に選曲されたものではあるものの、楽曲的にはほぼほぼ聞き飽きちゃってるからね←
      それはそれ。これはこれ。という気持ち(笑)

      2つ目は、今回のキーとなるブロック「Imaging Crazy/Tell me why/TRAP」について。
      セトリ変更前も変更後も変わらなかったブロックのうちの1つなんだけれども。
      特にこのブロックは今回のセトリの中でもキーポイントになってて。
      っていうのは、単純にTRAPの後に、「デジタルアレンジメドレー」が続くようになっているからなんだけれども。
      ある意味、アナログ/ヒューマンっぽい世界から、がっつり「デジタル」の中に突入していく箇所だと解釈してて。
      それはコンサートの解釈をまとめたときにも書いたのだけれど。
      そういう「世界の転換」を仕掛けるのが、ここだと思ってるんですよ。

      で、このブロックで、何に挑戦してるのかっていうと。
      智さんの世界観で、それをしようとしていたのではないか、と解釈できること。
      Imaging Crazyは言わずもがな、智さんのソロ曲で、振付も自分でしてる。
      その後のTell me whyは、嵐曲だけど「聴かせる」曲で、当然のことながら智さんの「歌声」が要になってる。
      そして、最後の中盤のクライマックスになるTRAPは智さんの振付曲。

      潤くん、これをやりたかったのかな?って思ったんですよ。
      智さんのソロ曲の前は「STAY GOLD」で、潤くんのソロ曲だから、当然のことながら、調整しやすい。
      次のImaging Crazyで、智さんがどんな風に振付/演出を考えてきたとしても、たぶんちゃんと交われるように対応できる。
      で、Imaging Crazy〜TRAPは、全部繋がっているので、智さんが「やりたい」と思えば、どんな風にでもまるっと演出できちゃう。
      どう繋げるか、どう表現するか、この3曲をどんな風に観客に魅せるのか。
      っていうのを、本人がやろうと思えば、どこまでも追及できちゃうんですよ。
      だって、智さん振付してるんだもん。
      振付してるってことは、ステージの立ち位置とかそーゆーとこからの表現で「ステージそのもの」を考えることができるんだもの。

      …まあ、「やろうと思えば」なので、実際、本人がどうしたのかとか。
      この3曲がどんな風にできたのかっていうのは、彼らが教えてくれない限りは判らないことだし。
      (智さんも潤くんも言わないだろうとも思う…)
      でもまあ。デジタリアン前のインタビューとかで、ふたりでなんかしよーとしてたり、潤くんがやろーよって持ち掛けて、えー…って反応されてたりしたことは、ここの話なのかなぁって、ちょっと妄想はしている…(w)
      そして、発言をちゃんと確認してないまま書いているので、あれだけど。
      智さんが、もっといろんなもの観たい、引き出し増やしたい、みたいなことを言っていたのが、これのあとだったのなら。
      今回は、テーマを与えられて、「こんな風にしたいんだけど」と持ち掛けられて、1つのブロックを一緒に作ることになって、そこで自分から出せるアイデアをもっとと欲した可能性があるのかな。と。

      実際の現場も、コンサートの作り方も、ホントのところは判らないから。
      あくまでもセトリとコンサートの演出からの憶測だけで言ってるけれども。

      もし、今後もっと。
      智さんが見ている世界や、智さんが作る表現がより深く観れるなら、ちょっとワクワクしちゃうかもしれない。と思ってる。
      ハワイでの「断った」って話を聞いてから。
      LOVEコンのときに、もしかしたら、あのモノクロへ流れるセトリは、あれは智さんのソロからモノクロに繋げたかったんじゃないかって思い当たった時に、LOVEコンパンフから溢れてた、潤くんの智さんが振付に入ってくれたことの喜びみたいなものの未来図は、ここなんじゃないかなって思ったの。
      智さんが作るものを観たかったんじゃないかって。
      一緒に作りたかったんじゃないかって。

      ……ってなってくると、にの担としては。
      えー!!ずるいー!!こっちも巻き込んでよー!!!って気持ちにもなるんだけど。
      いやちゃんと、にのさんもにのさんができることやってるし。
      ちゃんと巻き込まれてるから…!って。ちゃんと一緒に作ってるの伝わってくるから…!!って思うんだけど。
      でもやっぱり、総力戦希望ー!!!ってなってくる…wwww
      (いや、十分総力戦だけどもさwwもっとなんか観たいじゃん!!!)

      まあ、なにはともあれ。
      中盤のクライマックス。
      ここがきちんとカッコよくて、評判が上々なのも併せれば。
      それはそれは嬉しいんじゃないかなーって思ってる。
      狙い通りだもんね(w)

      これから先、もっと本格的に込められるものが見えてきたら。
      嵐コンはよりバリエーション豊かになって、もっとおもしろくなっていくんじゃないかなぁって。
      わくわくしちゃっても仕方ないよね!!
      だって、つまりはここのところ。まだまだ未完成なうえに、未開拓地の余地も十二分にあるんだもの。

      そして最終的な帰着としてのこれ。

      「こんな風に嵐コン考えられるようになったの超嬉しいー!!楽しいー!!!」

      どう転んでも、ここに還ってくる。
      よっぽどのトラウマか、おい。という話w

      なんていうか、1つ1つのことについてちゃんと掘り下げて書きたかったんだけど。
      とーーーーーーーりあえず、どーーーーーーーーーーーーしても!アウトプットしたかったので。
      完全にさわりだけだけど、2つともまとめた。

      まあ、どどのつまり。THE DIGITALIANは、ちゃんと正しく挑戦的で、嵐コンのこれからへの可能性も大いに含んでいる、発展途上のコンサートでしたよ。
      って、そういうことです。(どういうことだ)
      | [嵐]コンサート | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0

        スポンサードリンク | - | - | - |
        Comment
        It comments.