<< 夏の記憶。 | main | 約束の場所。 >>
愛を叫びたがってるんだ。
0

    嵐結成16周年おめでとうございます。

    って、思ってた日。

    更新されたオトノハ読んで、テンションがぶち上がるというこの単純な思考回路。
    ああ、本当に嬉しいなぁ。嬉しいなぁ…。嬉しいなぁ……!!
    ってかみしめていて。

    なんだろうね。
    オイラにも見える形で動き出した12年から。
    ひとつずつ積み重ねていく過程をちゃんと実感できていく幸せを、17年目が始まる日に実感できることの嬉しさったらないですよ!
    っていう話。

    それも、まだまだ過程の話なんだもの。
    レコーディングが1区切りついて、これからさらに作りこんでいくJaponismがあって。
    その前に、これから育てていくBLASTが正式に走りだす。
    これから先に到達する何かがあるとするならば、きっと今は路の途中。
    それもまだ始まったばかりの。次に繋がる点を打って。種を撒いて。そうしていく時期なんだもの。
    ときめかないはずがないじゃないですか・゚・(゚うェ´゚)・゚・

    「wiz松本」表記に胸が高鳴る。

    布袋さんに曲を作ってもらう、その打ち合わせ段階の。
    って、なによりも「こういう曲を」って依頼したっていう話を、嵐から聴ける日が来るとは思わなかったよ…!←
    そんで、テレビ電話使っての布袋さん、wiz松本での、楽曲会議とか。
    もう状況だけでも酔うよ。そりゃ、酔うわ(笑)
    めっちゃアーティストっぽい!仕事してるっぽい!がっつりコンサートを作ってるっぽい!(笑)
    いや、実際、きちんとコンセプトを話したりなんだりっていう色濃い会議をきっとスタッフ含めてやったんだろうとは思ってるんだけどさ。
    がんがんアドレナリン出まくって、くらくらしながらやってるのつい想像しちゃう。
    そして、なによりも。
    それを翔くんと潤くんがやっている。という話ですよ。
    コンサートに関わることで、このふたりがタッグを組むなんて。
    そんなの喜び興奮しか出てこないですよもう。わーん!!しょおくーーーーーーーーーーん!!!!って話ですよ。

    や。判ってるよ。
    ちゃんと判ってる。
    これまでだってアルバムコンセプト段階から、きっちり翔くんの意見も入ってるの随所に現れてたの。
    それでも、だよ。
    こうやってはっきりとアルバムコンセプトから、そこに収録する曲と、そしてきっとこれから作り上げていくコンサートでも。
    こうやって作ってるって、はっきりと表明されることで、彼らの考えに触れることができるのが。
    想いにきちんと触れるのことができるって実感できる喜びな…!

    なんかホントに、コンサートを作り込める時間が取れるようになって嬉しいです。
    こういう話をまた頻繁に聞けるようになって嬉しいです。
    だって、このあとのデモは大ちゃんラジオによれば、大ちゃんと翔くんと潤くんで、布袋さんに直接聞かせてもらってるんですよ。
    今のコンサートにおいて、具現化の土台担ってる人たちですよ…( ;∀;)!!
    ちょっと震えちゃうじゃないですか。その状況も。
    結局、ちゃんと時間が取れるようになれば、より色濃くきちんと見えてくるのが、こういう姿。っていうのが。
    やっぱり戻ってくるのは「ここ」なんだっていう気持ち。
    なんにも変わってない。
    選びとる手段は、いつでも同じだ。
    それが今は、オイラにとっての安心感なんだろうな。結局のところ。
    今、彼らが何を考えて、何を伝えようとして、どういうものを作り上げるのか。っていうのが。
    それが、きっと確実に受け取れるって思えること。そのものが。
    いちばん嬉しい。


     
    そんでなー。そんでなー。
    思い出すんだよー。去年のハワイ。
    もう1年前になるのか。

    「コンサートの演出ってやりたいと思わないですか?」
    「嵐のコンサートのクオリティがあるじゃないですか。それは今まで松潤がやってきたところの高いクオリティーってとこだと俺は思ってるんだけど。そこに到達しなきゃいけないっていう責任においては、ちょっともうできねーなっていうのが本音のところかな。もうこの感じできないでしょ?」

    聞かれた瞬間、えーってなって。
    相葉ちゃんが「それ聞く?」って苦笑いした。
    にのはごくごくコップに入ったもの飲んでた。
    そんで、翔くんが口を開いた。

    あえて確認しなくてもいいようなことを確認して。
    翔くんが、自分の気持ちを述懐する。
    これから後の会話とか、テレビの中で切り取られなかった部分もあることは承知のうえで。
    それでも、この場面が好きだった。

    こういうタイミングでも、聞けてよかったねって思ってたから。
    ちゃんとその役割に対して、翔くんから太鼓判を押してもらえることが大事だったんだと思ったから。
    そんで。
    高い水準で作られている嵐コンの、その評価に到達できる責任を担えるのは松潤だから、という話と。
    それでも言外に。勝手にオイラが気持ちを重ねてしまうのは、その「しなければならない」という責任にまでは到達できない部分の話で。
    「やりたい?」って聞かれるなら、気持ちがあれば「やりたい」と言える余地の話で。
    潤くん自身に余裕が出てきたことの証左であるように感じたから。
    その後のにのあいが作ったセトリの話も。
    当時の忙しさの中で、それでも十分に話しあったりする時間が取れなかったことや。
    その差し出された手に甘えられたり、対応できるだけの余裕が潤くん自身にもまだ身についていなかったんだろうとも想像できた。
    でも今は「5人でコンサートを作り上げる」ということを。
    じっくり時間をかけて、お互いに研磨しながら、形にしていくということをできる時期が戻ってきたんだと。
    そうやってコンサートを作っていくことができるようになってるんだ。って。
    そういう確認が、ここにあったように、オイラは捉えていたから。
    積極的にコンサートに関わっていく翔くんを知れると安心できる。
    他のメンバーもそう。
    ようやくまた、潤くんが他メンにも頼ることができるようになった。って。
    そうできるだけの時間と経験値がきちんと経過したんだって思えるから。
    すごくすごくオイラにとって大事な場面なんだ。



    あとはたぶん。
    すごく普通に、当たり前に、そうしたという報告だけど。
    それでもきっと。
    「曲作りの段階から潤くんと一緒に自分も打ち合わせにいた」ということを書いておくことが大事なんだろうな。と。
    守るべきものをきちんと守る姿が、やっぱり好きだとも思う。

    いつでも大事にしてくれているから。
    ずっと守り続けて、きちんと毎年。地続きに。
    今に繋がって、今があることにも、感謝しかない。

    16年嵐を続けてくれてありがとう。
    17年目も嵐をよろしくお願いします。
    って、5人全員に。
    というか。チーム嵐、に(笑)

    改めて、愛を叫びたくなりました。

    まずはBLAST。
    これから先、いろんな場所で、たくさんの逢いたい人たちと会いに行けるように。
    そう。始まりは宮城から。きっと成功しますように。
    成功するように。
    楽しんでいこうと思います。
    楽しもうね。




    って、いや、お前誰って話だけどw
    なんとなく。
    大好きな人たちが、やっぱり大好きな人たちだったと思えることも幸せです。
    たーのしいねー(*´ェ`*)

    16歳。
    思春期・青春まっただ中!
    始動。起動。
    おっぱじまるってよー!\(^o^)/

    あ!
    末ズのふたりは、めでたく(!?)人生の半分が嵐になった、ということで!(・w・)!
    おめでとうございます…!(*'ω'*)b
    今度は末っ子からやってくる折り返し点になるのか。

    これから更に長くなっていく嵐人生を、存分に謳歌して。
    この先も変わらない進化を見ていけたらいいな…!
    楽しみたくさん待っていますように。



    さて!
    ねるよー!おやすみなさい(*´ェ`*)!←
    | [嵐]アラシガタリ | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0

      スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      It comments.