<< 12年後のシブヤ | main | よいお年を! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク | - | - | - |
    あいむはっぴー。
    0

      年明けの福岡公演がまだ残ってる段階だけど。

      ざっくりあゆはぴコンの雑感を。

       

      ネタバレ注意。

      ホントは、パンフの内容を引用しながら、あれこれやりたい気持ちもあるんだけど。

      それは終わってからにして(ホントかよ)

       

      とりあえず、今回のAre you happy?ツアーを観てから、パンフを読んだときの衝撃がね。

      コンサートを観て、なんか、ホントに、The嵐コン!!って感じがして。

      5人のアイデアが存分にあふれていて、本人たちがすごく楽しそうで、彼らのやりたいことが詰まっている。

      ただ楽しいだけのコンサート。

       

      こういうコンサートをドームクラスで成立させられるようになっちゃったら、嵐コンはホントになんでもできるようになってしまう!!

      どうしよう!!って思ったっていうか。

      だって、すごくコンセプチュアルな、テーマに基づいて隙なく演出や楽曲を積み上げるコンサートも作れるし。

      宮城BLASTみたいな、対人を意識して、必然的に「求められること」に最大限に応えつつ、嵐らしさを提供するようなコンサートも作れるし。

      今回みたいな5人のやりたいことや楽曲をひたすら詰め込んで、緩さを魅せつつ飽きさせない楽しい時間を提供するコンサートも作れるし。

      しかも、ダンスや感情をダイレクトに伝えることができる規模ではない。

      ただ漫然とやっているだけでは、一度にすべての人を満足させることなんてできないドームっていう大きな規模の会場で。

      きっと、なによりも難しいであろう、今回みたいなコンセプトの(ホントにアリーナ時代の頃みたいな)コンサートの内容を、成立させちゃうなんて…!っていう気持ち。

      コンサート職人、ここに極まれり!って気持ちも相まって。

      ついでに、オイラが欲しいってずっと言ってたの、ここでもらっちゃったから、実際もう、オイラが言えることってほとんどなくない…?!ってちょっと、もう、どうしよう…?っていう謎のエアポケットみたいなことに入っちゃってさ。

      何を書けばいいのかって感じでもあるんだけど。

      (素直に感想を書け)

       

      ちょっともー、何ー。って思いながら、パンフ読んだら、潤くんがどんぴしゃなことをそのまんま書いてたので、さらにつっぷつすしかなくて。

      長年、ファンを続けていたら、こういう時期がくるんだねぇっていうことも思った。

       

      いやねぇ。

      ちゃんと1回観れば満足させるように作ってあるのもさ。

      制御ペンライトの効果が一番綺麗に見えるのは、天井席なことなのもさ。

      アリーナ、スタンド、天井、って、それぞれの見える景色は違っても、それぞれの景色で楽しめることを準備してるとことかね?

      やっぱすごいなぁって思うし。

      今回からは特に、明確に、マウントブラストを出してきて、より「聴かせる」こととかを意識するようになってるのかなぁって思ったし。

      結局、引っかかるのは、嵐さん的に「アンコール」をどうしたいのかなぁ…?っていうところだけだったりしてきているけれどもw

      いや、今回のアンコールは、1曲目からぶち上がったし、始め方も昔みたいな信頼感感じて、うわー!!!って叫びたくなるくらいだた。

      (声も余計に出たけれどもw)

      そんでも、その、W以降の、アンコールの後の位置づけってどうなってるんだろうなぁ…って、ぼんやりと思っている。

      よくわからない。

      なんとなく、年数が重ねれば重ねるほど、出れないんだな…?ていうのだけがしこりみたいに残っていって、よくわかんなくなってくる。

      昔みたいに、やりたい!もっと!って気持ちが、双方から重なっていくようならわかるんだけど。

      今はほとんどそういうのも見えないし、本編・アンコールでの満足度が高いから、それでもいいんだろうなぁって思うんだけど。

      まあ、出られるときは、出るし、出られるようにしてるし、そうじゃなかったら、それもないしなぁ。って。

      寂しいのは寂しいんだけど、なんなんだろうなぁって。どうしたらいいんだろうなぁって、ちょっと思ってる。

      (アンコールのときの嵐コールがやりにくかったり、そっから先の応えてもらえるものがなかったら、自然と嵐コールも廃れてしまうんじゃないかって、ふと泣きそうになったこともあるけどw)

      俗物なので、よかったー!ありがとう−!!だけで収めるにしても、やっぱりしこりみたいに溜まっていっちゃうから。

      なんか、どーしたらいいんだろうなぁって、つい思っちゃう…。

      けど、まあ、基本的に一人一公演っていう今の状況だと、しょうがない部分なのかなぁ。。。

       

      閑話休題。

       

      なんだかんだいって、昔からの演出だったりをリベンジするみたいに昇華させて、有無をも言わさず納得させられるのも好きで。

      今回は、Driveが筆頭だったんだけど。

      「5人で固まって移動する」っていうの、昔からやってるけどさ。

      あれって、反対側の位置とかになっちゃうと、その時間、どうしてたらいいのさ…!?みたいな気分になったりするので。

      どっちかっていうと嫌いだったんだけど。

      今回、車移動って、狭いところに5人ぎゅっと固めて、自撮り用のカメラ持たせて、自由に撮らせた映像を生中継できるようにして。

      移動中の背景は、制御ペンラで歌詞に合わせて見応えのあるものにして。

      全体像もピンポイントも、どっから観ても楽しい!!っていう演出にしてるの。

      そうきたかー!!って、完全克服するしかなかった。

       

      あと、今回は曲中に次の曲の準備で一人が抜ける、みたいなこともしなくて。

      ミニMCとか挨拶とか、自然な流れでそれをするっていうのが、映像で繋ぐとかじゃなくてね。

      あくまでも5人が出ていることが前提で進んでいくから、さすがだよな…!としか思えないっていう。

       

      Drive周りでもさ。

      挨拶から、切り替えての、翔さんソロ→電話をかけて→To my hormies→家に集まって人生ゲーム→「このままでいこう」→Driveで夜の町に繰り出し同じ景色を見て→Step and Go→Don't you get it

      って、この流れ。

      演出的にも歌詞的にも完璧だし;;

      今回の曲アレンジは、トラメとラブレの2曲リミックスが入ってて、とうとうここまでーーーーーーー!!!って気持ちになるし。楽しいし。

      まだちゃんとセトリ読み込めてないけど、ホントにいろんな嵐が詰まってて楽しいんだよ。

       

      にのソロ、Wonder Loveからソロの流れもすごく好きで。

      音楽が視覚化されたみたいな照明も、ポイントをつかんだ映像演出も好きだった。

      本人のダンスもビジョンも全体も見たくて、情報量的にあれもこれも!!ってなるから気持ち忙しい。

      ソロはとても演劇的で、ぐっと二宮さんの表現力で胸をつかませられるんだ、実際。

      どこまでも魅入ってしまって、余韻の中で浸ってると、不意に泣きそうになってしまう感じ。

      ドームのこの大きさの中で、こんなにも場を支配してしまえるだけのものがあるってたまらなすぎる。

      大好きだ。

       

      そんでついつい、この表現の精神みたいなものに、蜷川イズムみたいなものを重ねてしまうので。

      (そして、シブヤの概念を重ねてしまうので)

      ひたすらにただの思い込みだけど。

      どこまでも好きでした。大好きだった。

       

      そこからのAmoreも大好き。

      相葉さんの歌が始まって、ようやく息をつける感じ。

      ゆっくりと切り替えができる感じ。

       

      あとドキュメンタリーで始まるOPも好き。

      「Happy」を創るための作業が、楽しいだけじゃなくて、大変なことも辛いことも苦しいこともあって、その中でふざけながら真剣になりながら楽しみながらやってることの地続きにあるのが。

      それをさらりと表現して、見せてくれるのが導入部なのが。

      嵐のいう「Are You Happy?」っていう問いかけが、いろんなことを含んだ上で発信されていること。

      そうすることが、嵐らしくもあって好きなんだ。

       

      あと、大ちゃんソロ→Two to Tangoの流れとシュールで妖艶な演出も好きだし。

      潤くんソロへ込められたものはとても大切にしたいものだったし。

      相葉ちゃんソロ→青春ブギは相葉さんにしか創り上げられない世界だったし。

      あれもこれも大好きだー!!!って叫びたくなるけど。

      不思議とそこまでの飢餓感をあおられることもなく、一度できっちりと満足できる感じ。

      それがいいのか悪いのかわかんないけど。

      っていうか主観だけど。

       

      総じて、なんか、ここまできたんだ…!これたんだ。

      つかめたんだ!とうとう!ここに!!!

       

      っていう気持ちが大きかった。

       

      はー。

      もうすぐ紅白始まってしまうから、とりあえず雑感は終わる。

      嵐さんがここまでこれたこと、これを創り上げられたこと。

      大好きだって、それだけは何度だってでも言葉にするよ。

       

      意地でもここまできたこと、つかめたこと。

      それ以上のHappyはないって思ってるよ。

      | [嵐]コンサート | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0

        スポンサードリンク | - | - | - |
        Comment
        It comments.