<< smile again | main | 祝!二十歳!! >>
3と6。
0

    去年の誕生日何書いてたのかなーってさらっと読み返したら、まっすぐにキラキラしてる未来を想定してた。

     

    受け取るだけの自分には、見えてないことも分かってないことも当たり前にたくさんあるんだよって思い知らされて。

    それでも、そんなに感覚が180度変わるようなこともなくて。

    言葉にできずにいたちょっとした違和感や、なぜ?どうして?と思っていたことが、それの延長線上にあったのかなと思えたので。

    2月が過ぎて、ツアーが再開して、再び始まった嵐20年目の日々の中で見えてる顔は、ここ1,2年の間のいつよりも、穏やかに思えて。

    それは見てる自分の心境を写しているだけに過ぎないのかもしれないけど。

    ファンに対して基本的に「大きな嘘はつかないけど、言えないことは言わない」っていうスタンスの中でさ。

    「言えないこと」の比重がおっきくて、見せられないもの、伝えられないことが大きな時間が長くあって。

    ようやく、そこもある程度、共有できるようになって、目指すもの、やるべきことが明確になって。

    伝えたいことが伝えられるようになったのかなって、勝手に思ってるだけだけど。

    ひとりで「あんしん、あんしん」って思ってる。

     

    STBYに孝太郎さん。

    届けられたバースデーメッセージも、温かくてよかったなぁ。

    君のことが大事ですよ、と言葉にして伝えてくれる人たちがいるのもよかったねぇと思ってしまう。

     

    今がどう、とか。

    これからがどう、とか。

    全然わかんないし、実際、自分がどう感じるのかとかもわかんないまんまなんだけど。

    やるべきことをやっていく時間を過ごしていく中で、彼らがどんな風にこの1年を受け取って、感じていくんだろうっていうことも思うし。

    それがこれからにどんな風につながっていくのかなぁっていうことも思う。

     

    二宮さんの36歳の往く道が、幸せであるといい。

    二宮さんにとっての幸せの形とかわかんないけど。

     

    できるだけ、気持ちが自由になれるものが受け取れるといいと思ってしまう。

    目に映るもの、触れるもの、胸に届く感情が。彼らを豊かにしていってくれるものだといい。

     

    私は身勝手でわがままで自分のことしか考えらんないし、感情の制御もうまくできないので、まだある程度の距離をとることしかできなくて、考えらんないんだけど。

    来年の今日の日も、おもいっきりやってる二宮さんや嵐を見ながら、大好きーって叫んでたいので。

    いつかの「未来」の日に、いくもの「今日」という日が、二宮さんの背中をおしたり、支えたりする「過去」になっていきますように。

    たくさんの6人目の嵐の人たちが、力になる存在でありますよーに。

     

    36歳のお誕生日、おめでとうございます!

    | [嵐]アラシガタリ | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0

      スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      It comments.